実はhokkai7go

hatenablogに移行しまんた

FirebirdのSYSDBAのパスワードあたりについて

研究でちょっとばかしFirebirdを使うことになりました。
MySQLPostgreSQLはインターネット上に日本語の資料も多くて
いい感じだなと実感しました。
Firebirdは資料があまり多くないんですよね。


ところで、そのFirebirdでSYSDBA(System of DB Administrator?)の
パスワード変更でいろいろやっていたらハマってしまったので、
ちょいとその話を書きます。
あ、OSはDebian lennyを使っています。


gsecコマンドでパスワードを変更したのですが、
セキュリティ的に当たり前なのでしょうが、
パスワードを空の文字にしようとすると
gsecでは受け入れられるのに、
その後クライアントのisql-fbでデータベースにアクセスしようとすると、

Statement failed, SQLCODE = -902
Your user name and password are not defined. Ask your database administrator to set up a Firebird login.

こんなエラーが。パスワードとユーザー名がおかしいよと言われます。

gsecでパスワード変更を試みると、

Your username and password are not defined. 
Ask your database administrator to set up a Firebird login. unable to open database

同じようなエラーが出ます。

対処方法としては、

aptitude purge firebird2.0-super

で設定ファイルも消そうと思ったのですが、

Purging configuration files for firebird2.0-server-common ...
dpkg - warning: while removing firebird2.0-server-common, directory `/var/run/firebird/2.0' not empty so not removed.
dpkg - warning: while removing firebird2.0-server-common, directory `/var/run/firebird' not empty so not removed.
dpkg - warning: while removing firebird2.0-server-common, directory `/var/lib/firebird/2.0/system' not empty so not removed.
dpkg - warning: while removing firebird2.0-server-common, directory `/var/lib/firebird/2.0' not empty so not removed.
dpkg - warning: while removing firebird2.0-server-common, directory `/var/lib/firebird' not empty so not removed.
dpkg - warning: while removing firebird2.0-server-common, directory `/etc/firebird/2.0' not empty so not removed.
dpkg - warning: while removing firebird2.0-server-common, directory `/etc/firebird' not empty so not removed.

aptitudeさんは消せないよと言っているので、手動でこいつらを消して
もう一度aptitudeからインストールしてあげると使えるようになりました。
ちょっと幼稚?な解決方法な気はしましたが、ひとまず安心です。