実はhokkai7go

hatenablogに移行しまんた

Graphviz 使ってみた

大学のレポートで状態遷移図を描く必要があったので、
使ってるノートPC(Ubuntu)に Graphviz というものを入れてみました。


まずは Ubuntu にあるのかねということで(インストール後だからちょっと表示が違うかも)

$ aptitude search graphviz
yutaro@X40:~/Documents/aiouyou$ aptitude search graphviz
i   graphviz                        - rich set of graph drawing tools           
i   graphviz-cairo                  - Cairo rendering plugin for graphviz       
p   graphviz-dev                    - transitional package for graphviz-dev rena
i   graphviz-doc                    - additional documentation for graphviz                                          

インストールはもちろん aptitude で。
なんとなく doc と cairo plugin も入れてみた。

sudo aptitude install graphviz graphviz-cairo graphviz-doc

hogehoge.dotというファイルにはこんな感じで書きます。

digraph mizugame_states {
  one    [label = "InitialState 5[0],7[0]]"]
  two    [label = "5[5],7[0]"]
  three  [label = "5[0],7[7]"]
  four   [label = "5[5],7[7]"]
  five   [label = "5[0],7[5]"]
  six    [label = "5[5],7[2]"]
  seven  [label = "5[5],7[7]"]
  eight  [label = "5[5],7[5]"]
  nine   [label = "5[0],7[2]"]
  ten    [label = "5[3],7[7]"]
  eleven [label = "5[2],7[0]"]
  twelve [label = "5[2],7[7]"]
  thirt  [label = "5[5],7[4]"]
  fourt  [label = "TargetState 5[0],7[4]"]

  one -> two;
  one -> three;
  two -> four;
  two -> five;
  three -> six;
  three -> seven;
  five -> eight;
  six -> nine;
  eight -> ten;
  nine -> eleven;
  eleven -> twelve;
  twelve -> thirt;
  thirt -> fourt;
}

使ったソースのまんまで掲載w

dot コマンドを使って Teps を呼び出して eps 形式に変換(Tepsってあるのかわからないけどこれでうまくいった

dot -Teps hogehoge.dot -o hogehoge.eps

するとこんな感じの状態遷移図ができあがります。

わーい

あ、明日は LOCAL DEVELOPER DAY '10 /Winter
というイベントがありますよ!
僕もLTで参加しまーす。
お時間があれば参加していただけるとうれしいなぁ。